DUNGEON MAKER(ダンジョンメーカー)を0~180日までプレイして ターニャ編

ダンジョンメーカーを180日まで進めることが出来たのでその流れを書いておきます。

転生を繰り返し、オリジナルパックで魔王ターニャが手に入ったので使用しました。

それと施設の継承数が増加の能力解放が今のところ恩恵が大きいでしょうか。もっと整えばより先に進めるかもしれません。

ターニャのはレベル3で覚えることができる「燃え上がる意思」がシンプルに強い印象があります。消費マナ4で集中と加速を全モンスターに付与することができます。

ステータス上昇効果である集中と加速についてですが

「集中」次の攻撃の攻撃力上昇50% (攻撃ごとに集中1消費)

「加速」次の行動までにかかる時間が50%減少(行動ごとに加速1消費)

魔王によってシナジー効果のあるコンボを考えたりしないといけませんが、この「燃え上がる意思」はかなりお手軽です。ダンジョンにモンスターが設置できる戦闘部屋を敷き詰め、モンスターを更新していくだけである程度形にできてしまうのが魅力です。

施設の継承1があるので、巨人三兄弟を継承し続けています。

効果は戦闘部屋である巨大化の効果

この部屋にはモンスターが1体しか配置できないが、配置したモンスターは巨大化しHPが2倍、攻撃力が2倍に増加する

この効果が3体置ける状態で発動します。つよい(確信)

ちなみに部屋のレベルを上げれば攻撃力とHP増加が3倍、4倍と膨れ上がっていきます。(ダンジョンマスで改装することでさらに増えます)

しかし、巨人三兄弟を作るまでは結構長い道のりでした。

巨大化+巨大化=双頭巨人

抽出+抽出=研究所

双頭巨人+巨大化+研究所=巨人三兄弟

と地味に長い道のりです。しかし、ボス部屋前に置くことが出来ればそもそもボス部屋に辿り着く前に勇士たちは沈んでいきます。(燃え上がる意思でさらに強化されている為。)

これで比較的楽に100日を乗り越えることができました。

精鋭部隊と戦闘を100日までに積極的に行い遺物を集め、卵や合成で強力なモンスターを集めることで180日までは辿り着きました。(精鋭部隊が進むにつれて強くなるのと、遺物の収集が進まなくなるので早めに集めましょう。)

180日目のボスで極端に敵が強くなるのを感じたので戦術を変えてみようかなと思い調べてみると、解放済みのレベッカがタフで面白そうでしたので次はレベッカで遊んでみようかなと思います。(魔王を変えて遊ぶとゲームが違った進め方が出来て楽しいですよね!)

次は死体爆破持ちのボンバーマン(レベッカ)で記事を書きたいと思います!

ではでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする