光を継ぐ者 -HEIR OF LIGHT- プレイ日記 166「疾風の装備について」

今回は疾風、グローバルクールタイムリセットに関して書いていきたいと思います!

基礎知識

4つ装備することで発動する「疾風装備」ですが、グローバルクールタイムリセットが50%で発動するとあります。

回復型が元々持っているグローバルクールタイムリセットですが、以前のアップデートでアクティブスキルが2秒で発動するように変更されました。

連携スキルは5秒でクールタイムが終了し、次のスキルに移行する訳ですが、このリセットはそれを1秒に短縮します。

応用編

ステータスが上がるわけじゃないのでシンプルに強くなる訳ではありません。

連携スキルの後の「隙」を無くす事にこの装備の本来の役割があります。

例として無限対戦を上げてみます。

自身のパーティの防御型の体力がもう少しでなくなってしまう状況でこちらが連携スキルを発動し、相手の防御型を攻撃しました。回復スキルを発動するまでに5秒のラグが生じます。その間に相手側のサーバントのスキルが発動してしまうと… と言ったような感じです。

もし、5秒のラグが1秒になっていたら回復が間に合って防御型が生存していたかもしれません。

攻撃の際も連携スキルで攻撃後、次の連携スキルを繋ぐ事で回復の暇を与えずに相手を倒しきれるかもしれません。

加速度とは全く別物ですが、システム的な速度感を出すための装備になります。

連携スキルの時間短縮には別の意味合いもあります。

相手と自分の連携スキルが順番待ちの状況である場合、回復等の優先順位が高いアクティブスキル以外は連携スキルが優先されます。

アクティブスキルを使う事で有利な状況を作り出せる場合、この疾風を積むことで誘発させやすくする事が出来ます。

自身のパーティの動きでこういった調整を行う事で思い描いた戦闘スタイルを再現する事が出来るかもしれません。

テクニカルですが、奥が深い装備と言えます。ぜひ、お試しあれ!

それでは良い光継ライフを(*´ω`*)

to be continue…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする