光を継ぐ者 -HEIR OF LIGHT- プレイ日記 169「潜在能力 上段」

潜在能力についての説明が欲しい!という要望を頂きましたので書いていきたいとおもいます!

潜在能力でサーバントの個性が決まると言っても過言ではありません。

パーティーの作戦やそのサーバントに沿ったものを選択する事でより強くなることが出来ます。

ここでは潜在能力の3、4、5である通常の潜在能力がどんな用途になるのかを解説していきたいと思います。※下段は特殊潜在になり後日書きます。

攻撃型に被撃時~

攻撃型に被撃時、クリ率耐性、クリティカルダメージ軽減は守る為のものになります。

主に防御型、もしくは耐久力を上げたい場合他の型のサーバントにも使用します。

現在ではカエサル、スカーなどに強力な貫通軽減が実装されていますが、そういったサーバントにこれらを積みまくると…?

〇〇型の加速度を低下

こちらは4つの型のいずれかの加速を下げる潜在能力になります。

例えば、パーティー編成4体全てに攻撃型の加速度低下を3つ積んだ場合30×3×4=360の加速度を下げるといった事になります…

これだけ見るとかなりヤバい様に見えます。ええ、ヤバいんですが、スキルゲージ上昇などは速度と関係が無かったり、連携スキルが連鎖したら結局攻撃型の必殺技が飛んでくる訳です。

じゃあ、スキルゲージ上昇を支援型のミルドで止めてしまえばいいのではないか?連携が繋がらないようにミス率上昇させればいいのではないか?その読み合いが醍醐味です。

主にコントロール編成に使う潜在能力になります。

ワールドレイドで~、奈落の塔で~

こちらは専属でサーバントを使用する際に使うものです。実際にこれをしっかり積むとかなりの差が出ます。

このサーバントは奈落でしか、ワールドレイドしか使わない!そんな時に。

対戦で〇〇型に与えるダメージ上昇

こちらは主に攻撃型に積むものになります。

単体攻撃なら防御型を。範囲攻撃なら他の型を上げると真価を発揮します。

対戦で〇〇耐性上昇

こちらは主に支援型や回復型に積む事が多いです。

支援型や回復型は状態異常解除の役割を担っている事が多く、そこが止まらなければ他も解除出来る!と言った形。

石化は解除出来ません。攻撃型に耐性を積んでまかり通るのもありです。

攻撃時、〇〇型のミス率低下

こちらは相手のミス率が上がっている、もしくは苦手な属性でミスが起きるのを未然に防ぐ用途になります。

対戦等では防御型に対してミス率低下を付け連鎖を繋ぐ。奈落などを攻略時は苦手な属性に対して火力の安定などが運用方法になるかと思います。あんまり使ってる方いません。いぶし銀みたいな能力です。

攻撃時、シールド貫通率上昇

シールドを貼られても割合で突破します。

シールドを貼られると勝率が落ちる… そんなあなたに。

〇〇型からの被撃時、後続烙印発動耐性上昇

こちらは主に防御型に使用します。

対戦において連鎖はかなり重要な役割を担います。支援、回復などからの連鎖を防ぐ事で勝率を上げられるかもしれません。

対戦でクリティカル率上昇

足りない時に。

対戦でスキルゲージ低下耐性

こちらも各耐性同様ですが、コントロール編成に向けたメタになります。

敵の〇〇型に連携スキルを使用すると後続烙印発動率上昇

こちらは主に支援、回復に使用します。

後続烙印発動耐性と打ち消し合って連鎖発動が目的になります。対戦等で使われる事が多いです。

攻撃型からの被撃時、防御貫通の被ダメージ軽減

こちらは主に防御型に使用します。

対戦、奈落等貫通が痛すぎて泣きそうな時は積みましょう。

潜在能力上段は以上になります!

色んな組み合わせるで戦術が広がる潜在能力。少し変えるだけで勝率が上がったり、攻略が楽になるかもしれません。

それでは良い光継ライフを!

to be continue…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする