光を継ぐ者 -HEIR OF LIGHT- プレイ日記 185

どうも!Anotherです(*´ω`*)

最近のギルド戦が「頂上決戦」し過ぎてて楽しいのですが、前回も20pointも差が無く今回も似たような感じで負けました(´・ω・`)w

一期のみんなが非常に成長しているのを肌で感じられているようなので嬉しいのですが、ここ一番の踏ん張りの弱さが自分を見ているようで悲しみが深いです(´pωq`)w

これは恐らく経験上この差が埋まるのはかなり先なのではないでしょうか。

プレイヤーの強さそのものが大幅に変わるということは基本無いと思います。準備に時間がかかるコツコツゲーなのでそれでOK。

相手側がpointをある程度合わせてくれてる可能性もありますが、ここは決めなければならないところだったのでガッカリです(´・ω・`)

これは一期の人達ほとんどの感じてるのではないでしょうか?何も感じてないなら一緒に戦ってる意味が無いのであれですが…

ただ、もっと強くなるのに必要な通過儀礼です。

負けちゃいけないところで負けた、もっと頑張りたかったのにイマイチ成果が出なかったは何に対してでも起こりうる事です。

ここでどうするかがかなり重要になります。必要な物があるのが分かっているなら問題は特に無いですね。そこに向かって頑張れば良いだけなので(*´ω`*)

必要な物や必要な行動がわからなかった時が1番マズイのです…

わからない人は恐らく分からないままいくことがほとんどなのでそこでかなり差が出てしまいます。

どうしたらいいか考えられる能力が問われるタイミングです。

方向転換するのに遅すぎる事なんて無いですし、どうしたらいいかわからないとそれすら出来ないです。

実力の問題で言ったら負けてしまうのは仕方ないです。地力に差があるのは元よりですので。

さあ、正念場です。ここで折れるプレイヤーばっかりならギルドなんか畳んだ方が良いです。勝てるかどうかではなく「勝つ為のプロセス」を練る事がこのゲームの本質です。

人によって遊び方が違うのも忙しくて参加出来ないことがあるのもわかっているので大丈夫です。

ただ、気持ちで負けない事。みんなを守る為にできる事考えるのを怠らない事。

厳しいようですが、この過程を踏む事と頂上に立つ経験で見方がガラッと変わるはずです。

それをみんなで見たいんですよね(´^q^`)エゴデスガ

見たくありませんか?

雷雲を超えた先に雲ひとつ無い青空が広がっている様なそんな景色。

頂上に立った者しか見れないそんな景色をいつかみんなと見たい。

その為にみんないつも頑張ってるのですから。

to be continue…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする